loading

loading

2016.04.18

KUSHUKU -KYOTO HOSTEL-

_dsc9852

_dsc9766

_dsc9881

_dsc9787

_dsc9880

_dsc9777

_dsc9792

_dsc9799

_dsc9817

_dsc9829

Description

KUSHUKU KYOTO HOSTELのケース

九宿は、京都の南のエリアの九条にある古民家をデザイナーズ町家風にリノベーションした一日一組限定の宿。  
近年、アートホテルや、話題のホテルがどんどんと立ち盛り上がりを見せている九条エリア。
ずっと死んだままになっていたこの家屋。一番はじめにリノベーション着手した時は、動物のフンが天井の上に積もりに積もってとても大変な状態からのスタートだった。しかし、その天井をあけると、昔ながらの図太い梁がでてきた。そこから半年ぐらいかけてリノベーションと、旅館業取得をしてスタートしたのがKUSHUKU KYOTO HOSTELだ。
2Fの15畳ぐらいあった畳の真ん中4畳ぐらいを外して、ガラス床にして、1Fと2Fが透けて見える形をとり、7メートルある高い天井の梁に直径150センチの巨大な提灯を吊るして、宿全体を象徴するオブジェとした。
これは、京都の提灯の老舗の小菱屋忠兵衛によるもの。また表具という絵画や屏風の縁などの設えをする表具師の井上光雅堂さんに協力をもらい、内装デザインと屏風を手掛けてもらった。琳派四〇〇周年事業でつながった京都の職人さんたちとの別の形で繋がることができた。